ドレス迷子を救出します!選び方ガイド

>

式場の雰囲気とドレス

結婚式場にぴったりなものを

ドレスを決める一つの基準として、結婚式場に合うものかどうかを考えてみてください。
教会やホテル、レストランやガーデン等、その場所の雰囲気によって、合うドレスも変わってきます。
例えば、教会なら露出を控えた上品なデザインにしたり、ガーデンなら動きづらいトレーンの長いものは避けてシンプルなデザインにする等です。
また、小さな式場では華美なドレスを避けたり、逆に大きな式場では長いトレーンやフリルのついた豪華なものにする等、それぞれの式場にふさわしいドレスがあります。

でも、あくまで迷った時の判断基準です。
式場に合うものでなくても、気に入ったドレスが着たいのであれば、それで構わないと思います。
何より大切なのは、自分の着たいドレスを着ることだからです。

小物もドレスの一部

ドレス自体を決めることはもちろん大切ですが、髪飾りやネックレス、ベールや手袋等の、ドレスに合わせる小物のことも忘れてはいけません。
髪飾りだけ見ても、ティアラやカチューシャ、ボンネや生花と、いろいろな種類のものがあります。
気に入った小物が先に見つかれば、後からそれに合うドレスを探すというのも一つの手かもしれません。

また、ドレスを着る際には、普段のものではなく専用の下着が必要になります。
ドレスを着た時のシルエットが、より綺麗に見えるように作られたものです。
挙式の本番に一回だけ使うのではなく、試着の時から使えば着心地に慣れることができます。
遅かれ早かれ必要になるものなので、早めに買っておくことがおすすめです。